短歌を知らない人に、短歌の面白さを伝えたい。
『うたらば』はそんな想いを込めて、
田中ましろが個人で制作しているフリーペーパーです。

短歌と聞くと古典や和歌を思い浮かべる人が多いなかで、
「こんなのも短歌なの?!」という驚きとともに
いまネットや歌壇で詠まれている作品を知っていただくこと。
あわよくば、自分も作ってみたいと思っていただくこと。
そんな理想を胸に、2010年の創刊以来、制作を続けており、
2016年度からは中学校の国語の副教材でも
ご紹介いただけるだけの冊子となりました。

だからこそ『うたらば』は、
初めて短歌に触れる媒体として、
作品の"質の高さ"と"わかりやすさ"を大切にしています。

もちろんですが、僕ひとりではできません。

『うたらば』は、「場」です。
短歌が好きでネット上で短歌を詠むみなさんの素敵な作品を、
より遠くの、よりたくさんの人まで届けるために作られた場。

作品を発表する媒体がひとつ増えた。
そんな気持ちで気軽にご投稿いただけますと幸いです。


『うたらば』では大きく2つの短歌募集を行っています。

1:短歌×写真のフリーペーパー『うたらば』
中心となる活動です。4ヶ月に1冊のペースで最新号を制作しています。
毎号異なるテーマで短歌を募集。ご投稿いただいた短歌から10首を選び、写真と組み合わせた作品に。
短歌のみ掲載の佳作作品と合わせて約30首が掲載された短歌フリーペーパーとして全国のカフェ等で配布。
まずは手にとってもらうこと。そして、一読して「なんかいいな」と感じてもらえる冊子を目指しています。
※冊子はB6サイズ・28P・フルカラー印刷で、毎号1000部発行しています。(2016.9現在) 
※配布場所はこちらでご確認ください。
※ご自宅に直接郵送される「購読サポーター」という制度もご用意しています。

2:うたらばブログパーツ短歌
3週間に1度くらいのペースで更新されるコンテンツです。
毎回のテーマでご投稿いただいた詠草のうち、採用された作品が順番に表示されるブログパーツを制作します。
ブログパーツを設置いただいているブログは80以上。ブログを横断して採用作品が表示される仕組みです。
1首の表示時間は約10秒。短い時間でもわかりやすく、読後感を与えられる作品を優先して選歌しています。
うたらばブログパーツ実物


採用作品の中から1首を選んで本サイトのトップページで写真作品としてご紹介させていただく場合もあります。

『うたらば』は選歌から写真撮影、冊子デザイン、発送まですべて田中ましろ個人で運営しています。
そのため至らない部分も多々あるかもしれませんが、優しい目で見守っていただけますと幸いです。

田中ましろ(たなか・ましろ) Twitter
1980年生まれ。大阪大学理学研究科宇宙地球科学専攻修了。コピーライター・CMプランナー。
2009年より短歌を始める。ラジオや雑誌への短歌投稿に注力しつつ
短歌サミット2009」、「名短」などの短歌イベント企画・運営に関わる。
そこで感じた短歌をもっと広めたい気持ちから2010年、短歌×写真のフリーペーパー『うたらば』を創刊。
2012年、連作「告げられる冬」が短歌研究新人賞候補作に。
2013年4月、歌人のスーツグラビア付き同人誌『短歌男子』を企画制作。
同年9月、第1歌集『かたすみさがし』(書肆侃侃房)上梓。
2014年より現代歌人協会会員、「大阪短歌チョップ」実行委員。
2015年、短歌ポータルtankafulにて連載「うたらばのたられば」執筆。
広告や論文では毎日広告デザイン賞、北日本新聞広告賞、JAA広告賞、日本BtoB広告賞、鳥井道夫賞などもろもろ受賞。
※取材依頼や作品引用のご相談は問い合わせフォームからご一報ください。

2017.8
テレビ東京の番組『おしゃべりオジサンと怒れる女』にて、短歌がいま盛り上がっていることの例としてサイトを紹介いただきました。
2017.4
中学2年副教材『新・国語の学習2(三省堂版)』(正進社)に、インターネットで短歌を投稿できる場として掲載されました。
2017.4
雑誌「月刊公募ガイド」の短歌特集にて、投稿サイトのひとつとして紹介いただきました。
2017.2
「早稲田大学 空間映像ゼミナール展2017」にて、フリーペーパー研究対象のひとつとして制作者インタビューを紹介いただきました。
2016.09
朝日放送の情報番組『おはよう朝日です』にて、 Twitterで短歌を楽しめる場として紹介されました。
2016.04
中学2年副教材『新・国語の学習2(光村図書版)』(正進社)に、インターネットで短歌を投稿できる場として掲載されました。
2016.03
テレビ宮崎の情報番組『U-doki』の「若者にも人気!?短歌の魅力」という特集内でうたらばが紹介されました。
2015.12
NHKの情報番組『あさイチ』にて、若者向けの短歌メディアとして紹介されました。
2015.05
イベント『大阪ブックフェスタ』内にて、短歌セミナー「もしも短歌がつくれたら」の講師を担当しました。
2014.12
ロフトプラスワンWESTで開催されたイベント『フリーペーパーナイト』に出演。うたらばを紹介しました。
2014.冬
結社誌『弦』に、うたらば創刊時の思いを書いたエッセイを寄稿しました。
2014.09-2015.07
短歌ポータルサイト『tankaful』にて、うたらばの活動を紹介する連載記事「うたらばのたられば」を執筆しました。
2014.07
実行委員を務めるイベント『大阪短歌チョップ』にて、「うたらばの集い2」を開催しました。
2013.11
新鋭短歌シリーズ出版記念会のトークセッション「短歌を遠くに届けたい」に出演。うたらばの活動と掲載歌を紹介しました。
2013.10
紀伊国屋新宿本店でのトークイベント『本屋で歌集を買いたい』に出演。掲載歌を紹介しました。
2013.04
『NHK短歌』テキスト内コラムにてvol.09【鍵】の掲載歌を紹介いただきました。
2013.03
全国のPR誌やフリーペーパーを集めたデザイン名鑑「BEST GRAPHICS 03」にvol.06【入道雲】が掲載されました。
2012.11
短歌総合誌『歌壇』内コラムにてうたらばの活動を紹介いただきました。
2012.03
原宿のギャラリー「空き地」にて主催イベント「うたらばの集い」を開催しました。